見出し画像

全然採用できないんですけど... 創業から関わるフリーランスデザイナーにどうすればいいか聞いてみた

こんにちは! M&Aクラウド『ぼっち人事』の戸澤です。

今回は、弊社の最重要課題である『デザイナー全然採用できない問題』について、創業当初からお世話になっているフリーランスデザイナー三重野俊平さんと弊社代表が対談させていただきました。
その様子を皆様にお伝えしたいと思います!

対談スタート!!

デザイナー採用広報①

▲株式会社WACULでデザイナーをしている三重野さん

(及川)まず今日ですね、あんまり着ないパーカー着てきました。デザイナーってパーカー着てる社長好きかなと思って。どうですかね?

(三重野)個人的にはどちらでも良いですね(笑)。でもおしゃれな方のが良いですよね。及川さんはいつもおしゃれにしているのでその点はデザイナーとってはプラスなのではと思います。
デザイナーにどんなものを求めるかですけど設計に強い人はファッションに無頓着、グラフィッカーだと尖ってたり、、、。その点僕はコンサバな感じですけどね。

(及川)なるほど!じゃあちょっといろいろ聞いてみたいんですけど。
最初に自己紹介と三重野さんとM&Aクラウドとのつながりを改めて教えていただけますか?

デザイナー採用広報冒頭 2021-03-15 14.20.40

(三重野)所属は株式会社WACULです。PMチームにいて、メインのAIアナリストというプロダクトの仕様の策定だったり、開発管理、UI作成、ブランド周りのデザイン全般を一人で担っている感じです。
webサイトも僕が基本監修していて、あとロゴとかもデザインしてます。

フリーランスデザイナーとして副業も3年くらいやっています。
職業柄かBtoBスタートアップの、ロゴ~サービスのUI~Webサイト等を、一貫して提供させていただくことが多いです。
ロゴやWebサイト単発や、既存サービスのUI改善などをご依頼いただくこともあります。

受託以外にもモダンなアフリカ雑貨や、南アフリカワインの輸入販売ECサイト「LEKKER AFRICA」を友達と3人で運営していたりします。

(及川)M&Aクラウドとの関わりを振り返りたいんですけど、最初は共通の知人の紹介で会って、ロゴからコンセプト作って、UI設計やってもらって。今も色々やってもらってますよね。「M&AtoZ」やってもらったり、MACAPのロゴやってもらったり。

(三重野)ここ最近もちょこちょこお手伝いさせてもらってますね。

画像11

画像12

▲M&Aクラウドのロゴは三重野さんに作っていただきました!

(及川)何度か僕と荒井(CTO)で三重野さん採用しようとして、3~4回、それ以上か。でも全部断られてるっていう。

(三重野)はい、、、申し訳ないんですけど。

(及川)過去にガチめにやったのは日本酒勝負っていう。三重野さんに飲み勝ったら即入社ていう。3回やって3回負けたっていう。これ勝ってたら入ってくれたんですかね。

(三重野)まあ、そうですね、、、(笑)。

(及川)2軒目まで食い下がった水道橋の飲みの時、勝ったと思ったんですけどね。でも三重野さんも倒れなかったから。まあ、そんな濃い歴史があります。

今、フリーランスのデザイナーとしては三重野さんともう一名携わってもらっているんですけど、やっぱりインハウスでフルタイムのデザイナー欲しいなっていうところがあります。

フリーランスとして関わりあう場合、なんか色々難しい点があって。三重野さん超すごいのに社外に紹介しづらいみたいな。
三重野さん超良い人ですよっていう風に言うと他社にリソース奪われてしまうので言いづらいみたいな、そういうダサい葛藤がありますね。そういうのがあるので正社員でやっていきたいっていうところがあるんですけど。

M&Aクラウドが正社員のデザイナーを採用したい理由

デザイナー採用広報②

(及川)何でインハウスで抱えたいかっていうと、スピード感とナレッジの蓄積っていう点で抱えたいと思っているんですけど。

1つ目のスピードは当然どれくらい案件を抱えているかどうかによると思いますが、副業やってない前提でいうと「大体この人が持っている時間はこのぐらいで」ていうところが社員なら見えやすいとか。あとは柔軟に、すぐ来て、すぐディスカッションして、すぐ作れるみたいな。特に新サービス作るとかだと、そういうディスカッションがあった方が話が早いので、そういうところが良いかなって。

学習っていうところで言うと、M&Aクラウド特有かもしれないですけど、M&A業界って専門性が必要な分野なので。学習してもらわないとわからないっていうところがあるので、インハウスでやってもらう方が良いかなって。ナレッジでいうとフリーランスだけだとナレッジがどこに溜まっているかまじ不明って感じなので、この3つを考えた時にやっぱりインハウスのデザイナー抱えたいと思っています。

ここについて意見あります?まずインハウスのデザイナー採るべきか採るべきじゃないか。

(三重野)いた方が良いと思います。ナレッジの蓄積の問題も正にそうなんですけど、毎回初めましての方とやることになると純粋に工数的にもキツイですよね。あとは、ちょっとしたものを作りたい時に、デザイナーが社内にいないと困るんじゃないかなとは思いますね。

(及川)言い方悪いですが、デザインの中でもクリエイティビティ少ない仕事とかあるじゃないですか。
そういうのを正社員だったら結構拾ってもらいやすいというのはあるけど、そういうのを頼り続けると良くないですよね。

(三重野)そうですね。その人のやりたいことにもよると思うのですが、バナーの量産ばかりやらされるとか、画像の加工ばかりやらされるとかだとキツイかもしれないですね。なので、会社組織が大きくなって、デザイン組織も大きくなっていって新卒が入ってくるようなサイクルがまわれば良いと思うんですけど。
ちなみにうちの場合は、ずっとアルバイトの方に協力してもらっていて、更に外部の方にも依頼したり。そういう場合でも、社内にデザイナーがいると軸足はある状態にはなるので良いのかなと思います。

(及川)M&Aクラウドもとにかく早くデザイナー採用しろと。

(三重野)いるといいですよね。新サービスみたいなプロジェクトは切り出して、外部の方とかに依頼できるのかもしれないですけど。そのあたりは、どれくらい既存ブランドとの位置関係が近いかにもよるでしょうけどね。

(及川)新規案件だと、スピードを求められる部分があって、短期でいっぱい来てねみたいになりやすいと思うんですけど。三重野さんとも新規でやって「できたらもっと来てくれたら最高だな」って感じでした。

(三重野)そうですね、週5の8時間あると全然違いますね。

(及川)あの時って週5の1~2時間とかでしたっけ?

(三重野)もうちょっとやってましたね。結構頑張ってやってて、土日プラス1日3~4時間とってやらないと間に合わないくらいの物量あった時期はありましたね。

一人目デザイナーはキツイのか?

スクリーンショットこれは嫌2021-03-15 13.04.43

(及川)ちなみに一人デザイナーキツイ問題あります?

(三重野)ありますね。

(及川)一人デザイナーでもフリーランスとか関わり合いあったらぼっち感は感じないものですか?

(三重野)それは例えば僕がM&Aクラウドに所属していたとして、フリーランスの方と関わっていたらということですか?んー、、、同じ空間にいてくれて週何回かは必ず会うとかだったらぼっち感は感じないと思いますね。そうじゃないと関わりが無い感じになっちゃうんじゃないかなと思うんですけど。どれくらい一緒にやれるかですけどね。

(及川)今日の趣旨は、どうやったらデザイナー採用できるか三重野さんに聞いてみようって話ですけど、仮に1人だけ採っても寂しくて辞めちゃう感じだったら超つらいんで。

(三重野)要は人と関わりたいという話と、デザイナーと関わりたい話があると思っていて。
エンジニアはエンジニア同士で仕事する、ディレクターは営業とかビズ系のチームの人たちと仕事するで、デザイナーが1人だけぽつんとしちゃうとつらいだろうなとは思いますね。だから上流か下流か、どっちかに所属してる感が出せるかは重要だと思います。
スタートアップで5~10人とかのチームでデザイナー1人っていうのと、50人に1人だとだいぶ意味合いが違うかなと。
ぼっちの時の割合って大事ですね。体験として、人数の多いチームが仕事の話で盛り上がっているのを見ると、寂しさみたいなモノを感じたことはあります。

(及川)そういう時はPMみたいな人たちで横に繋がるって感じなんですか?

(三重野)PMチーム内の執行役員と一緒に仕事をする機会が多いのと、エンジニアとも接点が多いです。
なので、仕事の共有話題を持つことはできるのですが、デザイナーとデザインの話ができない点が寂しいポイントではあります。
寂しさ問題以外にも、デザイナー同士で高め合うとか、師匠みたいな人に教えてもらうコトができないのも、ぼっちデザイナーの抱える問題だと思います。

(及川)三重野さんが師匠になるパターンは?でも師匠がフリーランスだと厳しいですか?

(三重野)師匠がフリーランスってあんまり聞いたことはないですけど、可能性としてはあるんじゃないですかね?
新卒で何も分からないって方だと、僕がいないよりいた方が無駄を省ける部分とかはあると思うんですけど。どのくらいの方かにもよると思いますね。
ただ、師匠に時間的なコミットがないとなかなか難しいと思ってたんですけど、どうなんですかね?レビューとかしてくれる余裕がある人だったら全然良いと思いますけどね。

(及川)仮にうちでデザイナー採用したら、三重野さんに師匠になってもらうみたいな。

(三重野)務まるのであればですね(笑)。
でも「せっかく一人目のデザイナーとして入社したのに、謎のフリーランスの師匠みたいな奴いるの嫌だ」みたいな人もいるかもしれないので。「思い通りにできるかと思ったら、よくわからないコンサルみたいな人いるわー」ってそれはそれで辛いかもしれないですね。

(及川)それは採用の時点で聞いてって感じですかね。

(三重野)希望聞いてって感じですね。

スクリーンショット コーヒー2021-03-15 14.19.33

(及川)ちなみに僕今何飲んでいると思います?コーヒー飲んでるんですけど、挽いたコーヒー飲んでます。

(三重野)僕も挽いたコーヒーです。

(及川)挽いたコーヒー飲んでる社長どうです?デザイナー的に入りたいと思います?

(三重野)(苦笑)。いや、確かにデザイナー挽きがちですよね。あんまり、、、どっちでも良いんじゃないですかね(笑)。
でも、生活の質とかデザインが大事っていう人の下で働きたいとは思うかもしれないですね。間違いないのは、デザインを大事にしたいって思っている会社ですね。

(戸澤)一人でやりたい人ってどんな人ですか?

(三重野)一人でやりたいっていう人は本質的にはいないんじゃないですかね。
デザイナーは一人でも、一緒に作れる人がいればいいってイメージなんですけど。
例えば超初期のM&Aクラウドとか、3人で運営してたじゃないですか、あの時は絶対孤独感感じないですよね。そういうチームが作れていれば良いんじゃないかなって思います。
その場合は、寂しさ的な部分よりも、どっちかと言うと技術が上がらない不安とか、社内のデザイナー同士の深い話ができないって辛さとか、そっちとかのがあると思います。

(及川)じゃあ社長がパーカー着てても良いコーヒー飲んでても、関係ないですかね?

(三重野)その社長と一緒に仕事できるなら寂しくはないでしょうね。でも、全部決められるんで一人は楽ですけどね。

(及川)そういう意味でいうと、一人目のデザイナーってどういう人が良いと思います?

(三重野)サービスにコミットしてくれる人が良いですよね。サービスにハマっている人というか。

なぜM&Aクラウドはデザイナーを採用できないのか

スクリーンショット本題 2021-03-15 13.09.30

(及川)本題なんですけど、なんでM&Aクラウドはデザイナー採用できないのかって話に入りたいと思います。

(三重野)ちょっと僕が会社探しみたいなことをしていないので分かんないですけど、デザイナーを募集してますって事実を知らなかったっていうところはありますよね。

(及川)そもそも認知がない?

(三重野)求人ちゃんと出してるなら認知されてるのかもですけど。

(及川)今はwantedlyで募集しているのとwantedlyでスカウト打っているのとエージェントを使っているんですけど。

(三重野)あと、ちょっと難しいのは、M&Aクラウドさんはちょっともう組織が大きいイメージなんで、、、。
既に色んなwebサイトもあるし、そこにデザイナーとして入って何するんだろうみたいな思いがなくもないというか。
全部やり替えてくださいみたいな募集だと良いかもしれないですね。全部管理してくださいみたいな方が一人目デザイナーには良いかもですね。現状、僕が作ったものとか僕以外が作ったものとか入り混じってると思うんで、それを全部一括で管理してくださいみたいな。
何をやるのかが明確だと嬉しいかもしれないですね。

(及川)なるほど。

(三重野)あと結構ライフスタイル大事にする方が多いんじゃないですかね。

(及川)デザイナーはやはり?僕がスペシャリティコーヒーを飲んでいるように。おしゃれな生活したいですよね。

(三重野)そう思っている人の方が良いデザイン作れる可能性は高い気はしてます。データは無いですけど。

(及川)確かに。そういう目線から日常からインスピレーション受けるみたいな。ちなみに休日に佐藤可士和のデザイン見に行ったんですけど、そういう社長どうです?

(三重野)(笑)。良いと思います。
社長とどれだけ仕事できるかわかんないですけど、社長と仕事できる方が良いですね。

(及川)社長がアート好きな方が良いですよね?

(三重野)(笑)。そうですね、間違いないと思います。
40人規模の会社の一人目デザイナーって結構緊張感あるというか、M&Aクラウドはなまじ領域も狭くないし。

(及川)BtoBとM&Aで身近感無くて採用しづらい説あるんですけど。

(三重野)でも、BtoBのサービスなんて全部身近じゃないですからね
M&Aっていう業界が「嫌いだ」っていう人はあんまりいないと思います。それより、何かがわかんないって話の方が多いですね。でも、どこのBtoBサービスも大体そんなもんだと思いますけど。

(及川)M&Aクラウドって、デザイナーから見てかっこいい会社なのか、かっこよくないのか、普通なのか、どんな感じですか?

(三重野)発信している内容がかっこいいかってことですよね?
それでいうとM&Aクラウドさんはそういうのが伝わってくるかというと、まず情報がないんじゃないですかね。
デザインがすごいとか、フォントとかもしっかり作ったりしててすごいなみたいな感じの会社もありますけど。そういった意味でかっこいいイメージがM&Aクラウドにあるかっていうと、普通というか、かっこよくも悪くもないって感じなんじゃないですかね。

どんなデザイナーを採用すべきか

iOS の画像 (5)

▲及川、佐藤可士和展にて

(及川)M&Aクラウドって、エンジニアとかも直接ユーザーにインタビューしに行ったりするんですけど、それってどうです?イケてないです?

(三重野)いや、むしろそれを嫌がる人は採用しない方が良いと思います。

(及川)そういうのをもっと出していった方が良いんですかね?

(三重野)いやー、どうでしょうかね。プロダクトをもっと良くしたい側の人とブランド良くしたい側の人って多分別なんですよね。

(及川)デザイナーには2種類いるってことでしょうか?

(三重野)いや、2種類で片付くかわかんないですけど、サービスを大きくしていきたいという人と、社内ブランドも含めて整理して良くしたい、ブランディングしていきたい人って別な感じがします。どっちもやってる人って少ないんじゃないかなと思います。
ただ、BtoBで一人しかいないって状況だと、どっちも兼ねることが多くて、結果的にかっこよくならないって話はありますね。外から見てめちゃめちゃデザインがかっこいいみたいな組織にはなりづらいって話で。ただ、そうなる必要性があるのかっていうのは分からないですけど。戦略によるのかなーって思います。この会社のデザインいけてるよねと言われる必要が本当にあるのかっていう。

(及川)ブランド作れる人とプロダクト伸ばしたいって人と、どっち採った方が良いとかありますか?経営が決めれば良いって感じですかね?

(三重野)個人的には、M&Aクラウドさんがやりたいビジネスを一緒にやりたいって思ってくれる人を採れば良いと思いますけどね。そしたらデザインも後からついてくるというか。
別にその人自身でデザインする必要無いと言えば無いと思うんで。その辺はビジネス次第ですけど、でも管理すれば手を動かさなくても良いよねとは思います。なのでどっちが良いかは言いづらいです。
例えば他社で最近コーポレートサイトリニューアルした会社ありましたけど、社内でwebサイト作ってるわけじゃなくて外部に委託してるんですよね。これ、よくある話ですよね。その辺の管理ができれば良い説もありますよね。

(及川)インハウスのデザインマネジメントができる人がいれば良い、そうすればなんとかなるって話ですか?

(三重野)とは思います。どこまで外部に出すか線引き難しいですけど。

(及川)クリエイティブってそういうところありますよね。

(三重野)うん、結果的にアウトプットされるものが良くなれば何でも良いっていう話かなと思うんで。
だからそういった意味ではブランドを守る人がいると全体的に良くなると思います。
それが、デザイナーである必要があるのかは置いといて。

(及川)個人的にはUXを全部統制してくれる人がいないとちょっとキツイなって思ってて。ちょっと細かいプロダクトのおもてなしというか、テキスト一個とってもちょっと微妙だなっていうのが結構な量あるんで。

(三重野)それはいずれにしても一人だと対応は無理ですね。デザイン組織を立ち上げてくれっていうミッションと、デザイン回り全部好きにして良いよって、両方で採りたいって感じなんですかね?確かにそういうことやりたいって人はいて、でもそんなことやりたいって人はみんな欲しいって感じなんで取り合いになりますけど。そういう人は市場に出てくる前に声がかかるイメージではありますかね。

(及川)三重野さんもそうですよね。

(三重野)んー、お手伝いするとお声がけいただくことも多いですけど、難しい。

M&Aクラウドの魅力と入社したくない会社とは

スクリーンショット 三重野さん2021-03-15 13.28.16

(及川)M&Aクラウドの魅力ってなんですかね?

(三重野)普通に及川さんとか接しやすいですし、そういう人なのが良いですよね。実際は社員にオラオラなのかもしれないですけど(笑)。その辺は詳しくないと言えば詳しくないですけど。

(及川)今バランスボール乗ってるんですけど、どうです?そういう社長。

(三重野)バランスボールはどうでも良いですね(笑)。

(及川)スタートアップといえばバランスボールだと思ったんですけど。

iOS の画像 (6)

▲スタートアップと言ったらバランスボールでしょ!ちなみに、テーブルサッカーもあります。

(三重野)まあ、、、。スタートアップにしても古いですね。すぐ使うのやめちゃいました(笑)。

(及川)そういう古いのやっちゃうとデザイナー的に大丈夫かなって思っちゃうんですかね?

(三重野)全く思わないですね、どっちでも良いです(笑)。
何よりデザインが大事にされていないのが嫌ですね、デザイナーは。
嫌なエピソードで言うと、「作って」って言われて作ったけど、「やっぱり使わない」みたいなことを雑なコミュニケーションでされたりするとすごい嫌だと思います。

(及川)入って嫌だった系のエピソードもっとほしいです。

(三重野)発注する側がデザインを軽視している場合は傷つくんじゃないですかね。インハウスだと発注する側も社内なので。価値を伝えられてないって話も当然あると思うんですけど、下請けみたいに扱われると多分すごい嫌ですね。

(及川)軽視っていうところを深堀りするとどういうコミュニケーションなんですかね?「この資料、明日までに良い感じにしといて」とか?

(三重野)関係性にもよると思いますけどね、確かに良い連携方法ではないと思いますね。「実際どうしたいんですか?」って結局こっちが聞きにいくことになるんで。
事前に準備してくれる人とか、ちゃんとフィードバックしてくれる人とかと一緒に仕事したいなって思います。なので、その裏返しの言動が嫌だなって思います。

(及川)デザインのこと詳しくないのに、デザインのことすごいフィードバックしてくるとかは?

(三重野)好みを押し通してくるタイプは嫌だなって思いますね。普通にそれがロジックがあれば僕は納得できるんですけど。そうじゃないとデザインじゃないよっていう。

(及川)デザインに理解無い人からダサいとか言われるとか、そういう言葉使い問題は?

(三重野)ダサいというのも一つのフィードバックだと思うんで、それは別に嫌ではないです。でも、好みでフィードバックされるのは辛いとは思います。特に社長じゃない人の好みで言われると、社長の好みはまた別だと思うんで。

(及川)うちの魅力に対するフィードバック足りないんですけど、もっと無いですか?

(三重野)デザイナーとしての魅力で言うとまだ一人目でやれるってところですかね。全部任せてもらえるんだったら、それは魅力になると思いますね。全部変えて良いよって前提であれば。必要に応じてだとは思うんですけど。

(及川)全部変えてってロゴも含めてって感じですか?

(三重野)そうですね。全てのアウトプットを変えられるぐらいの権限があると良いと思いますね。変える必要があるかは置いといて、変えないことも自分が決めたって思えるじゃないですか。あとサービス自体に魅力あると思いますけどね。あんまり他でやれることじゃないじゃないですか、内容的に。

(及川)社内文化って大事ですか?

(三重野)入ったあとに大事にしてくれるなら安心すると思いますね。後押ししてくれるというか、めっちゃ小さいチームだったら何も無いと思うんですけど、入ってオンボーディングしてくれた方が安心はしますよね。

社長直下デザイナーの働き方

スクリーンショット魅力 2021-03-15 13.03.55

(及川)社長直下って言った方が良いって事ですかね?

(三重野)その方が良いと思います。少なくとも僕はそっちの方が良いと思います。
特に全部やるとなると、メインで一緒にやるのが中間の人だった場合、社長の声をあまり聞けずにコケるみたいなのは想像しちゃうんで。それはデザイナーに限らずかもですけど、なるべく意思決定者と一緒に仕事したいですよね。遠回りしたくないからって理由で。
ブランド任せるって前提なら尚更。プロダクトをより使いやすくするってミッションなら話は変わってくるかもですけど。それでも、社長直下って言われた方がやりやすそうって感じしますよね。

(及川)あとは社会的価値があるとか市場がでかくて伸びてるとか会社が伸びてるとか、そこらへんはおさえているつもりなんですけど。

(三重野)それは全然知りたいですし、魅力だと思います。
あとは僕が今まで会ったM&Aクラウドの方は、一緒に働きたいって感じる人たちですね。適当に扱われてない感じがするんで。他では適当に扱ってくる人もいるので、そこらへんは魅力だと思います。

(及川)勉強時間はあった方が良いですよね?インプット時間とか。

(三重野)そういう意味でいうと、裁量があれば自分でスケジュール組めると思うんで問題無い感じはしますね。
裁量無くてスケジュールぱつぱつに組まれちゃうとキツイですよね。「5時間で終われるよね」って言われて5時間後出したら、また違う仕事出されるとキツイって思っちゃいますね。どのくらいのぱつぱつかによりますけど。
いつ何してって管理されるイメージは湧かないです。いつまでに何が欲しいとかは全然良いと思うんですけど、日単位時間単位で管理されるのは、結構嫌な感じはしますよね。余白は別に何時間使っても良いですよ言われるより、当たり前に自分からとりにいきたい感じはしますね、働き方的には。

(及川)自由感みたいな?

(三重野)「成果に関係ないでしょ」みたいなところは。「アウトプットには関係ないよね、働くタイミングっていうのは」ていうのはあると思うので。当然ミーティングとか全社の関係値深める場とか固定であるべきタイミングはあると思うんですけど。

(及川)クライアント商売でなければそうですね。

(三重野)クライアントとミーティングとか営業とかはコアタイム揃えないと大変なところはあると思うんですけどね。お客さんに合わせた結果、結果的に揃うって話かもしれないですけど。
みんなどうやって転職先決めてるんですかね?転職したことあんまりないんで、僕もわかんないっちゃわかんないんで、、、。

(及川)転職一回ですか?

(三重野)一回ですね。新卒で入った福岡の制作会社を辞めて、どうしようか悩んでるところに今の会社に声かけられたんで。
ちなみに僕がそうだったんですが、入社当初は、ちょっとウェブサイトが作れるくらいで、ほぼ何もできなかったんですよね。そんな感じの若手を育てる選択肢もありだと思います!

(及川)社長がデザイン好きなんでしたっけ?

(三重野)デザイン好きな方だったので、入社当初は強めのフィードバックを日々もらっていました。文字通り社長直下でした。

(及川)ジュニアだけど気合い入ってるやつ採用して、社長直下にして師匠を三重野さんつければうまくいくっていう雑な締めくくりで良いですかね?

(三重野)師匠は僕より良い人いると思いますけどね(笑)。
第三者目線の声をフラットに言うとかはできますけど。及川さんが師匠の方がその場合は良いと思いますよ。

(及川)僕ですか?さっきのコーヒーとかパーカーの話とか大丈夫ですか?

(三重野)いや、でもアウトプット妥協しない人が近くにいると絶対伸びます。

(戸澤)人事イケてた方が良いとかあります?

(三重野)僕はあんまり気にしたことないですけど。M&Aクラウドさんがどう振舞いたいかによりますけど。ちゃんとした会社だというのを推したいのか、まだ小さくてこれからだと推したいかによりますね。

(及川)「小さくてこれからだ」が良いですね。

(三重野)だったら気にしないんじゃないですかね。スタートアップに飛び込むって感じだから。あらゆる制度がちゃんとしてなくても、まあこんなもんかって思うので。

(戸澤)ちなみに私、近所散歩しておしゃれなカフェでコーヒー豆買ってきました。更に手動のミルで挽いて飲むんですけど。こんな人事どうですか?関係ないですか?

(三重野)おー(笑)。

(及川)これどうですか?

(三重野)楽しそうにしている人たちがたくさんいる方が良いと思うんで良いと思います。

(及川)もっとアピールしてこ!

ということで、
デザイナー募集しています!!!!


『ぼっち人事』とは
M&Aクラウドのオウンドメディア『Update M&Aクラウド』の中にある人事系記事のコーナーです。M&Aクラウド唯一の人事部員である私戸澤が、私達のカルチャーや中の人について熱く紹介していきます。


この記事が参加している募集

オープン社内報

もし良ければ記事のシェアやTwitterのフォローをしてくださると嬉しいです!

あなたによいことがありますように!
32
M&A・資金調達のマッチングプラットフォーム「M&Aクラウド」を運営。テクノロジーの力でM&A業界をUPDATEすべく、日々奮闘する私たちの“今”をお届けするページです。株式会社M&AクラウドをUPDATEしていきます!