マガジンのカバー画像

M&Aクラウド社員の個人note集

33
株式会社M&Aクラウド所属の役員や社員が書いた個人note集
運営しているクリエイター

#私の仕事

改正電子帳簿保存法に対応する索引簿の作成をZapierで効率化しよう!

この記事はM&Aクラウド アドベントカレンダー 2021の18日目の記事です。 2021年の流行語大賞はメジャーリーグの大谷翔平選手にちなんだ「リアル二刀流/ショータイム」でした。改めて語るまでもありませんが、多くの方々が納得する活躍だったのではないでしょうか。大谷選手と同学年の私も、海の向こうで次々と記録を作るその姿に大いに刺激を受けました。 自己紹介が遅れましたが、私はM&Aクラウドで経理や上場準備業務を担当している公認会計士です。弊社のアドベントカレンダーでは「テック

スキ
30

自動文字起こしツールを賢く使うには?

これはM&Aクラウド アドベントカレンダー2021の13日目の記事です。 M&Aクラウドでライターをしているみょんです。当社のM&Aプラットフォーム上の募集記事や成約インタビュー、オウンドメディア記事などを書いています。 6日目を担当したデザイナーの池田さんが社内のSlackで「私に書いてほしいテーマ」を募集し、すぐにレスポンスがたくさん付いていたので私も真似をしたら、しばらく閑古鳥でした(泣)。 今回のお題「テック」縛りでライターが書けるテーマって、ライター以外から見

スキ
21

マッチングプラットフォームの先へ!CTOが描く「M&Aクラウド」の野望

こんにちは、M&AクラウドでCTOをしていますかずへいです。先日、発表したとおり、当社はこのたび約10億円の資金調達を完了しました。 「リクナビのM&A版」を目指し、M&A業界初の買い手掲載型マッチングプラットフォームとして2018年4月にローンチした「M&Aクラウド」。3年半経った今、買い手は約440社が掲載し、売り手も毎月200社以上が登録するサービスに成長しました。プラットフォーム上での成約も順調に生まれるようになり、マッチングプラットフォームとして一通りの機能と実績

スキ
53

M&Aクラウド、10億円調達の舞台裏。大事なプレゼンで外さない投資家ネットワーク活用術を公開!

M&Aクラウドの村上です。昨日、発表したとおり、当社はこのたび約10億円の資金調達を完了しました。 私のM&Aクラウドへの転職直後に行われた前回ラウンドの際は、CEOの及川をサポートする立場で関わりましたが、今回のシリーズCの調達活動では、私自身がフロントに立ってプロジェクトを進めました。大型調達を無事完了した今、約半年に及ぶプロジェクトから得られた学びをまとめるとともに、M&AクラウドのCFO、そしてM&Aアドバイザリー事業であるM&A Cloud Advisory Pa

スキ
83

10億円の調達完了!M&Aクラウドは「企業価値最大化採用」へアクセル全開

M&Aクラウドの及川です。本日発表したとおり、当社はこのたび約10億円の資金調達を完了しました。CFOに就任した村上がファイナンスをリードしてくれたため今までのラウンドの中で、最も楽させてもらったラウンドになりました。チーム力の向上を感じております。 今回の資金や投資家として加わっていただいた事業会社様とシナジーを発揮して、スタートアップだけではなく事業承継の領域にも進出していきたいと考えております。 なお、今回の資金調達に関連して、CFO村上とCTO荒井も、それぞれno

スキ
78

アーリーステージのスタートアップPMIの失敗あるある

M&Aクラウドの及川です。M&AをUPDATEしていきたいです。 先日M&Aしくじり先生というテーマで話してほしいということで、CNETで語らせていただいた内容が結構反響があったので、まだまだM&Aというのはブラックボックスに包まれているんだなということが分かりました。 続編に近い形で、今回はM&A"後"、つまりPMIと言われる工程にフォーカスして紹介していきたいと思います。 大企業同士のデカイM&A、事業承継M&Aの切り口はそれなり情報もありますが、現場としては知りた

スキ
98

M&Aプラットフォーマーが今だからこそM&Aアドバイザリー事業に参入します

M&AクラウドCEOの及川です。「テクノロジーの力でM&Aに流通革命を」をミッションに日々M&Aプラットフォームを運営しています。 今回ステルスで活動してきたM&Aアドバイザリー事業を本気で取り組むぞということで刷新し、「M&A Cloud Advisory Partners」略してMACAPを立ち上げました。MACAP(エムエーキャップ)と呼んで下さい。MACAPにブランド名が変わった一号案件として、「DeNAによるSC相模原の資本参加」をサポートさせていただきました。

スキ
90

話題のM&A仲介手数料についてM&Aプラットフォーム運営者が思うこと。

日々感じているのですが河野大臣が、最高ですね。前に進めようという意志が半端じゃないです。ハンコ廃止とか官僚の残業問題とか痺れました。そんな河野大臣ですが、M&A業界にもメスを入れようとされているということです。 「中小企業のM&Aの際に仲介業者が買い手・売り手の両方から手数料を取るのは利益相反だ。中小企業庁に働きかけてこうした慣習を変えたい」 と、中小企業のM&Aの仲介業者がいわゆる「両手」であることは、利益相反でよくないよねということを指摘しています。私も利益相反は良く

スキ
61

ベンチャー企業のM&AをM&Aの会社のCEOとしてあれこれ考えてみた

10月で創業し5期目になるのですが、あえてこのタイミングで創業noteを書こうと思います。M&AクラウドでCEOをしている及川厚博と申します。 株式会社M&Aクラウドは、M&Aのマッチングプラットフォームの運営と、M&Aの仲介の2つの事業を持っています。月200件以上のM&Aをお手伝いさせていただいており、特にベンチャー企業のM&Aでは業界トップクラスの案件数に関わっています。 創業5期目にての創業note。これを書こうと思った理由は、ベンチャーM&Aの在り方そのものをア

スキ
309