マガジンのカバー画像

お役立ちノウハウ

16
さまざまな会社でお役に立ちそうなノウハウをUPDATE M&Aクラウドの記事の中から厳選して紹介
運営しているクリエイター

記事一覧

米国では市場が確立。日本のスタートアップの可能性を広げる“セカンダリー売却”とは?

こんにちは。M&Aクラウド CEOの及川です。 2021年はIRIAMをDeNAが150億で取得、PaidyをPaypalが3,000億で取得といった大型M&Aが話題になりました。これらはどちらも「デーティング期間」(最初はマイノリティ出資を行って、相手企業との相性やシナジー創出の可能性を見定める期間)を経たM&Aです。最終的に大型のM&Aにもつながりやすい、この「デーティング投資」を活性化すべく、M&Aクラウドでは、投資家とスタートアップとのマッチングを積極的に支援してき

スキ
21

事業会社との資本業務提携を成功に導く3つのTips

こんにちは。M&Aクラウド CEOの及川です。 2021年は事業法人1社あたりのスタートアップへの投資額が過去最高を記録。当社のマッチングプラットフォーム「M&Aクラウド」でも、出資案件の成約が急増しています。 VCによる投資と事業会社による投資は、その目的にもバックグラウンドにもさまざまな違いがあります。そこで前回記事では、事業会社から資金調達する際のメリット/デメリットやプロセスを紹介しました。 今回は、実際に「事業会社からの資金調達にトライしたい」という皆さん向け

スキ
12

事業会社からの資金調達はどう進む?留意点は?調達支援のプロがやさしく解説

こんにちは。M&Aクラウド CEOの及川です。 最近、スタートアップの経営者から、「事業会社から資金調達したい」と相談を受ける機会が増えました。当社はM&Aだけでなく、資金調達のサポートも多数手がけています。本日プレスリリースでも発表した通り、オンラインでの資金調達支援額は累計16億円を超えました。 マクロ的に見ても、「Japan Startup Finance 2021」(INITIAL)によると、2021年の事業法人1社あたりのスタートアップへの投資額は9,960万円

スキ
15

VCから迎えた新任取締役に聞く。スタートアップが社外取締役を置く意義とは?

今回はM&Aクラウドの新任取締役 四方 智之氏が登場! 2021年10月に発表したシリーズCの資金調達において、リードインベスターとして参画いただいたSTRIVEの四方さん。昨日プレスリリースでもお知らせしたように、このほど当社取締役にも就任し、経営チームの一員としてM&Aクラウドの成長を支えています。 今回の取締役就任にあたり、当社では四方さんを講師に迎え、スタートアップにおける社外取締役の役割などについて学ぶ社内勉強会を開催。STRIVEにおいて各種のSaaS運営会社、

スキ
19

起業家必見!!VCとは異なるCVCならではの事情とCVCとの付き合い方

皆さんこんにちは。経営企画本部の藤原です。前回、デーティング投資についての記事を書きました。 上記記事の中で、"デーティング投資はCVCの理想的な形"として4つの事例を紹介いたしましたが、全て投資側の視点で語られており、スタートアップ起業家側の視点がありませんでした。 そこで今回は、そもそもCVCとはどいうものであり、CVCから出資を受けるスタートアップ起業家にとってはどのような点に留意すると良いかについて書いてみたいと思います。しばしお付き合いくだされば幸いです。 な

スキ
19

2022年注目のデーティング投資とは?最新4事例から徹底解説!

皆さん、明けましておめでとうございます。経営企画本部の藤原です。旧年中は大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 さて、2021年はM&A業界でも色々な動きがあった年でした。弊社M&Aクラウドでもそれらの動きに随時目を光らせながら情報収集をしております。今回はその特徴的な事例として、事業会社やCVCによる、スタートアップに対する『デーティング投資』について最新4事例について書いていこうと思います。しばしお付き合いくださると幸いです。 『デーティング投

スキ
11

資金調達リリースは最大の広報チャンス!『調達ブースト広報』でPR効果最大化のために僕たちがやったこと全てを公開します

皆さんこんにちは。経営企画本部の藤原です。今日は僕らの10億円の資金調達ニュースに合わせて実施した認知極大化施策について書こうと思います。しばしお付き合いくださると幸いです。 M&Aクラウドでは先日、2021年10月27日に約10億円の資金調達を完了したプレスリリースを配信しました。 ありがたいことに、過去のプレスリリースの中で最も多くの方に見ていただけたり、SNSでLikeを集めたり、日本経済新聞社・BRIDGE・TechCrunch・CNETといった主要メディアに掲載

スキ
180

KPI600%実現の秘訣とは?26歳の新部長が売り手サポートの現場で見据えるM&Aクラウドの未来

2018年4月に現サービスをローンチし、同年8月ごろから本格的に社員の採用を始めたM&Aクラウド。「M&A×IT」というこれまでにない領域で挑戦を続けてきた社員の中には、入社3、4年目を迎える者が増え、M&Aクラウドならではのスキルやノウハウを身につけた人材が育ちつつあります。 そんな中、今年10月には、2019年に新卒で入社した26歳のメンバー、加藤 耀介が部長に昇格。現在、最年少部長として、M&Aマッチングプラットフォーム「M&Aクラウド」に登録された売り手側ユーザーを

スキ
34

最短ルートでプロダクト開発できる顧客インタビュー手法を公開!

今年6月、掲載社数400社を超えた当社のM&Aマッチングプラットフォーム「M&Aクラウド」。買い手が募集記事を掲載し、売り手が打診するという現在のサービスコンセプトが固まるまでには、紆余曲折の道のりがありました。一時は「組織崩壊の危機」(CEO 及川談)にまで陥った当社にとって、起死回生のきっかけとなったのは、3サイクルに及ぶ顧客インタビュー。今回はその手法をご紹介します。 ※2015年の会社設立からの経緯については、以下の代表2名の対談記事でもご紹介しています。 今回の

スキ
46

M&Aクラウドスペシャリスト陣が選ぶ起業家のためのファイナンス本5選

普段、「M&Aクラウド」の取材で掲載企業の方々にお話を伺う中でも、特に個性派が多いのが創業経営者の皆さんです。インタビュー中にも新たなビジネスアイディアがわいてきて、事前に用意された資料からどんどん脱線していく場面もしばしば(笑)。その熱量に圧倒されつつ、毎回刺激をいただいています。 今回は、そんな偉大な起業家を目指す皆さんを対象に、当社の起業経験者、および起業家のサポート経験が豊富なメンバーから、おすすめ本をご紹介します。テーマは「起業家に必要なファイナンスの基礎知識を学

スキ
43

【DX担当者座談会】進まないプロジェクトに弾みをつける3ステップ

昨今、流行り(?)のDX、皆さんの職場では進んでいますか…? サービス開発部門には精鋭エンジニアがそろう当社でも、他部門の業務現場にはまだまだアナログ感漂う業務フローもあり、全社のレベルアップに取り組んでいます。 昨年、全社員が参加して業務効率化ツールの作成に挑むイベント「MACハッカソン」が立ち上がったのに続き、今年3月には「全員DXプロジェクト」が発足。CTOをリーダーに、各部門から加わった有志が、自部門のDXリーダーとして、かつ互いに連携して全社規模のDXを進める実働

スキ
24

全員DXを実現するM&Aクラウドの社内イベント「MACハッカソン」の裏側を公開!

こんにちは!「UPDATE M&Aクラウド」編集部のみょんです。 2回目の緊急事態宣言が明けた今年4月2日、当社オフィスでは、久しぶりに全社員が顔をそろえました。この日は、2020年7月にスタートした当社の独自イベント「MACハッカソン」の開催日。各部門の社員が自分たちの業務課題を洗い出し、当社のエンジニアたちを指南役に、自らDXに挑戦するイベントです。 当日は、部門を越えて、すべての社員が通常業務を離れ、終日どっぷりDXの世界に浸かります。小グループに分かれて日常業務の

スキ
38

当社最大の部活・筋トレ部は、結果にコミット。費用0円で理想の体になれる活動の秘訣を公開!

こんにちは! 「UPDATE M&Aクラウド」編集部のみょんです。今回ご紹介するのは、社内最古&最大の部活動、筋トレ部。これまで何度か話のマクラに触れてきましたが、いよいよ主役としての登場です。 プロの指導を受けているわけでもなく、ゆるめのムードで活動しているにも関わらず、意外にしっかり結果も出しているのが、当社の筋トレ部。「ベンチプレスの重量50%増」「風邪を引かなくなった」、さらには「自分は変われると思えるようになった」とメンタル効果を熱く語る部員もいて、M&Aクラウド

スキ
31

移転コスト・期間が1/3になる“W居抜き“ノウハウ公開!6期目を迎えたスタートアップが最強のオフィス移転を実現しました

こんにちは! 「Update M&Aクラウド」編集部のみょんです。リモートワークに突入して早ひと月、運動不足が深刻です。このお腹をなんとかするには、私もM&Aクラウドの最大勢力「筋トレ部」に入るべきでしょうか…。 今回は、当社オフィス移転の秘話をお届けします。旧オフィスを居抜きで出て、新オフィスにも居抜きで入った、まるでヤドカリのような私たちの引っ越し。その裏には、なぜか引っ越しコンサルタント並みのスキルを持つ、精鋭ぞろいのメンバーの活躍がありました。同じく移転をお考えのス

スキ
51