UPDATE M&Aクラウド

M&A・資金調達のマッチングプラットフォーム「M&Aクラウド」「資金調達クラウド」を運営。テクノロジーの力でM&A業界をUPDATEすべく、日々奮闘する私たちの“今”をお届けするページです。株式会社M&AクラウドをUPDATEしていきます!

UPDATE M&Aクラウド

M&A・資金調達のマッチングプラットフォーム「M&Aクラウド」「資金調達クラウド」を運営。テクノロジーの力でM&A業界をUPDATEすべく、日々奮闘する私たちの“今”をお届けするページです。株式会社M&AクラウドをUPDATEしていきます!

    リンク

    マガジン

    • UPDATE ENTREPRENEUR

      “サステイナブルなM&A”を果たした起業家たちを紹介する連載

    • M&Aクラウド社員の個人note集

      株式会社M&Aクラウド所属の役員や社員が書いた個人note集

    • お役立ちノウハウ

      さまざまな会社でお役に立ちそうなノウハウをUPDATE M&Aクラウドの記事の中から厳選して紹介

    最近の記事

    過渡期を迎えるM&A業界で、クライアントの信頼醸成へ。「セカンドオピニオンサービス」始めます

    M&Aクラウドの及川です。M&Aをアップデートしていきます。 当社は本日3月31日、「セカンドオピニオンサービス」の提供開始を発表しました。 中小企業庁が2020年3月に発表した「中小M&Aガイドライン」には、M&A支援機関が遵守すべき条項として、「依頼者に対し、他の支援機関に対してセカンド・オピニオンを求めることを許容する」ことが明記されています。 医療業界と同様に、M&Aにおいてもサービス利用者の安心感と納得感向上につながることが期待される「セカンドオピニオン」。し

      • 自己資本で売上200億、M&A10件。SaaSから動画配信まで、コングロマリット経営を実践するDONUTS

        M&Aクラウドの及川です。M&Aをアップデートしていきます。 みなさん、DONUTSというユニークな会社をご存知でしょうか。バックオフィス業務を効率化するクラウドサービス「ジョブカン」シリーズ、ライブ配信アプリ「ミクチャ」、ファッション誌「Ray」の運営元と言えば、ピンと来る人も多いかもしれません。 今、挙げたサービスの多彩さからも、そのユニークさが分かるでしょう。BtoBのクラウドサービス事業、医療事業に加えて、BtoCのライブ配信アプリ事業や出版メディア事業、ゲーム事

        • デュアルトラックでの大型成約!あのネコ型配膳ロボット販売会社の決断を支えたアドバイザーの想い

          2022年8月、日本のM&Aシーンにおけるエポックメイキングなディールが成立しました。 IPOを視野に事業を拡大していた株式会社DFA Robotics(以下、DFA)が、東証プライム上場企業である株式会社チェンジ(以下、チェンジ)に株式の約8割を売却し、グループ会社となったのです。 DFAは「さらなる成長を目指す選択」としてグループインを決断。M&A後も引き続きIPOを目指しています。これを支援したのがM&Aクラウドのアドバイザー集団、MACAP(M&A Cloud A

          • 2回のEXITを経験したからこそ見つけたキャリア。EC運営の変革に挑む「3社目の経営」で目指す未来

            就活支援とアパレルECという大きく異なる領域で、スタートアップの共同創業者/取締役を務めた樋口 幸太郎氏。1社目は就活支援業界で広く知られるネオキャリア、2社目は東証プライム上場のアダストリアグループへのM&Aを実現し、今年3社目を始動。ECコンサルティング事業を手がけ、EC経営管理において培ってきた独自の知見を展開しています。 今回は、樋口氏のこれまでの軌跡と今後のビジョン、後輩起業家へのアドバイスなどを聞いたロングインタビューの後編です。IPO準備も進めていた2社目のM

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • UPDATE ENTREPRENEUR
            UPDATE M&Aクラウド
          • M&Aクラウド社員の個人note集
            UPDATE M&Aクラウド
          • お役立ちノウハウ
            UPDATE M&Aクラウド

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            就活WebメディアとEC運営、2社をM&AでEXITした伊藤忠出身の起業家が語る「M&Aを選択する理由」

            前回の記事でお知らせしたように、「UPDATE M&Aクラウド」では、M&Aをステップにキャリアのステージを高めてきた起業家たちを紹介する新企画「UPDATE ENTREPRENEUR」をスタートします。 初回に登場いただくのは、就活支援とアパレルECという大きく異なる領域で、スタートアップの共同創業者/取締役を務めた樋口 幸太郎氏。1社目は就活支援業界で広く知られるネオキャリア、2社目は東証プライム上場のアダストリアグループへのM&Aを実現し、今年3社目を始動。ECコンサ

            “サステイナブルなM&A”を紹介する新連載「UPDATE ENTREPRENEUR」始めます!

            M&Aクラウドの及川です。M&Aをアップデートしていきます。 「UPDATE M&Aクラウド」では、新連載「UPDATE ENTREPRENEUR」をスタートします。開始に先立ち、私が長年温めてきた本企画の狙いと背景について、簡単にご紹介します。 M&Aの成功とは?売却額だけで測る時代は終わった一代で歴史を変えた起業家たちの歩みをたどると、M&Aがステップアップの大きな契機になっています。 イーロン・マスク氏はテスラ参画以前に、オンラインコンテンツ制作のZip2、決済サ

            あのモデルナが日本のバイオスタートアップを約116億円で買収した理由とは?加速する新たなM&A手法「A&D」

            M&Aクラウドの及川です。M&Aをアップデートしていきます。 先日、政府は5月8日から新型コロナウイルスの感染症法上の分類を季節性インフルエンザと同じ「5類」に引き下げる方針を決定しました。それに先立ち、3月13日からはマスクの着用についても屋内・屋外を問わず個人の判断に委ねる方針となるなど、ようやくコロナ前の日常に戻る兆しが見えてきました。 この3年ほどのコロナ禍で、多くの人が「モデルナ」という名前の企業を知ったことでしょう。同社製の新型コロナワクチンは、ファイザー社製

            スタートアップだからこそ経験できるM&Aアドバイザーのネクストキャリアの可能性とは?

            前回に続き、M&AクラウドのM&A Cloud Advisory Partners(MACAP)が開催した、M&Aアドバイザーとしてのネクストキャリアに関心を持つ方に向けたオンラインセミナーの模様をお届けします。 ご紹介するのは、2023年1月24日に開催された「BiG4FAS・総合商社出身者が語る M&Aアドバイザーのネクストキャリアを考える 自らの市場価値を上げ、さらなる高みを目指す人材へ」のパネルディスカッション。MACAPを率いる福田と、MACAPを経て、現在は新規

            M&Aアドバイザー×スタートアップ、どこにもないキャリアを積むMACAPの仕事のリアルとは?

            ​​投資銀行や総合商社、FASなどでM&Aの現場を経験してきたメンバーが集うM&Aクラウドのスペシャリスト集団M&A Cloud Advisory Partners(MACAP)は、M&Aアドバイザーとしてのネクストキャリアに関心を持つ方に向け、オンラインセミナーを開催しています。 今回は2023年1月24日に開催された「BiG4FAS・総合商社出身者が語る M&Aアドバイザーのネクストキャリアを考える 自らの市場価値を上げ、さらなる高みを目指す人材へ」より、パネルディスカ

          • 制度設計における学び(登壇支援制度の作成)

            こんにちは。M&AクラウドのEMの鈴木(@yamotuki)です。この記事では「制度設計」についてノウハウを共有したいと思います。 エンジニアメンバーが外部のカンファレンス登壇をするときの支援について制度を作ったので、その知見をアウトプットするものです。 登壇支援制度を作る背景今回は制度を作って推奨したい行動として「登壇」をピックアップしました。M&Aクラウドの開発チームはもともと全員インフルエンサーというバリューを掲げていました。 これまでも登壇したい人については、社内で

            スタートアップM&Aナンバーワンを目指すスペシャリスト集団が睨む「世界で勝てる日本」のための新しいM&A

            ​​2021年2月の発足リリースから間もなく2年を迎えるM&Aのスペシャリスト集団「M&A Cloud Advisory Partners(通称 MACAP)」。投資銀行や総合商社、FASなどでM&Aの現場を経験してきたメンバーが集い、現在は15名を超えるチームになっています。 ■発足時のリリース ■当時のCEOと事業部長のnote M&Aクラウドの成長を支える屋台骨でありながら「スタートアップM&A」という新しい文化を育てるMACAPは、2年の間にどのような変化を遂げ

            国内メガバンクがついに参戦!三菱UFJ銀行のカンム買収は、大企業×スタートアップM&Aののろしとなるか

            M&Aクラウドの及川です。M&Aをアップデートしていきます。 2022年12月27日、日本の大手金融機関である三菱UFJ銀行が、国内のフィンテックスタートアップの買収を発表しました。そのスタートアップが、Visaプリペイドカード「バンドルカード」、Visaクレジットカード「Pool」を提供するカンムです。 三菱UFJ銀行はフリークアウト・ホールディングス、その他株主が保有するカンムの株式の約7割を約160億円で取得する契約を締結しました。カンムは、今春を目処に三菱UFJ銀

            時価総額100億規模ながら、上場後1年で5件のM&Aを発表。急成長する「エフ・コード」のロールアップ戦略とは?

            M&Aクラウドの及川です。M&Aをアップデートしていきます。 2023年最初の「注目のM&A」では、2021年12月に新規上場し、2022年に立て続けに5件のM&Aを実施した企業のユニークなM&A戦略について分析していきたいと思います。 DX市場、CXニーズの拡大で成長を遂げるエフ・コードその企業が、カスタマーエクスペリエンス(CX)に関するSaaS事業を展開しているエフ・コードです。同社はランディングページのコンバージョン改善策や離脱防止施策をノーコードで実装できる「C

            入社当月から桁違いの成果!M&A仲介出身者がスタートアップM&Aで活躍できる理由とは?

            ​​投資銀行や総合商社、FASなどでM&Aの現場を経験してきたメンバーが集まるM&AクラウドのMACAP(M&A Cloud Advisory Partners)。多様なバックグラウンドを持つメンバーたちが、アドバイザリー事業の成長を支えています。 そうした中で、スタートアップに求められるスピード成長の牽引役として最近期待が高まっているのが、M&A仲介出身のメンバーです。 これまでに培ってきた「グリップ力」「先回り思考」「数字達成意識」を武器に、「時代が求める課題を解決し

            フィンテック企業のM&Aが活況!日本発のクロスボーダーM&Aを仕掛けた決済サービスOpnの事例を読み解く

            M&Aクラウドの及川です。M&Aをアップデートしていきます。 2022年11月15日、日本発のオンライン決済スタートアップ・Opn(オープン)が米国発のオンライン決済スタートアップ・MerchantEを買収したことを発表しました。金額の詳細は明かされていませんが、一部では4億ドル(約560億円)規模と言われています。 2022年はフィンテック企業のM&Aが活発に行われた1年でした。米Block(旧:Square)が豪Afterpayを約290億ドル(約3.2兆円)で買収。

          • 2022年、仕事のプレイスタイルが変わった話

            この記事はM&Aクラウドアドベントカレンダー2022の25日目の記事です。 去年も25日に書かせていただきました。M&AクラウドでCTOをしている荒井と申します。アドベントカレンダーは3年連続で、記事を書くともう年末だなあとしみじみと感じます。 今回はテーマが「今年の振り返り・来年の抱負」なので、自分の仕事について一年を振り返ります。 今年の振り返りM&Aクラウドに入ってからは毎日が激動の日々ですが、その中でも今年は格別でした。今年のはじめに40人程度だったメンバーは6